ONLINE RESERVATION オンラインのご予約はこちら

ヌガ パリ祭 quatorze juillet

1789年に発生したフランス革命の一周年を記念して翌年1790年におこなわれた建国記念日が起源となり、フランスで7月14日に設けられている国民の休日がパリ祭です。1933年、映画『QUATORZE JUILLET』が邦題『巴里祭』として公開されヒットしたため、日本では「パリ祭」としてこの日が記憶されるようになりましたが、フランスでは日付をそのまま「QUATORZE JUILLET(キャトールズ・ジュイユ)」と呼ばれています。
1963年より、日本では歌手が集結してシャンソンを歌いあうイベントが開催され、このイベント自体の事を「パリ祭」として記憶されている方も多いかとは思います。ヌガでも、オープン初年度より7月14日に一番近い週末の1日に、「パリ祭」と題したコンサート&食事会を開催しています。

profile

和サブロー

京都市出身。パリ在住。
フランスでのキャリアはすでに35年を越す。
パリを始めヨーロッパ各地でコンサート、テレビ出演等で活躍中。

2000年
フランス政府より芸術文化勲章 ”シュバリエ章“を授与される。
2006年
日本での活動を意欲的に開始。パリのミュージシャン、スタッフと 制作したCD「Maladies d’ amour ~恋の病」を日本初リリース。発売記念コンサートを各地で公演。
2008年
DVD「巴里×京都=和サブロー」をリリース。
2009年
パリを想い日本の詩人を歌う「L’etranger ~異邦人」をリリース。
2010年
平城遷都1300年を記念して奈良薬師寺、なら100年会館でコンサートを開催。
2012年
オリジナル曲CD「俳句・椅子」をリリースし、「俳句」がNHK・Eテレ「俳句王国がゆく」オープニング曲に採用される。
2015年
「和サブローコンサート」~琳派400年記念を祝して歌う~京都ALTIホールにて開催。「小椋佳“歌50年めちゃんこ鍋の会”明治座特別公演」にゲスト出演。

京都からフランス、そして日本へ、活躍の舞台がひろがる。

ヌガ パリ祭 quatorze juillet

第10回 
2017.7.15 Sat 12:00-15:00 / 16:00-19:00

program

  1. いつものように
  2. 僕たちの恋が残したもの
  3. 狂人の哀歌 La folle complainte
  4. ラストダンスは私に
  5. チュベラ
  6. パリ祭
  7. ヌガ
  8. わたしが一番きれいだったとき
  9. 愛しかない時

※アンコール…愛の讃歌、百万本のバラ

menu & wine

  • N.V.Frederic Maltrez Brut Reserve
    フレデリック・マルトレ・ブリュット・レゼルヴ
  • 2013 Riesling Grand Cru Wiebelsberg Guy Wach
    リースリング・グラン・クリュ・ヴィーベルスベルク ギィ・バック
  • 2014 Gevrey Chambertin Domaine Arlaud
    ジュヴレ・シャンベルタン ドメーヌ・アルロー

  • Soupe スープ
    メロンのガスパチョ
  • Entree 前菜
    赤海老のラビオリ 野菜と蛤のエチュベ
  • Poisson et Viande 主菜
    牛フィレ肉のシャリアピンステーキ
  • Dessert デザート
    白桃のパルフェ ~白ワインのジュレ~
quatorze juillet パリ祭のお申込み

phone. 03-6254-5105

archive quatorze juillet